引越しの際には欠かせない段ボールですが、 引越しが終わった後の段ボールの処分方法についても考えておく必要があります。一般ゴミの収集場所に段ボールを出すことができますが、収集場所によっては大量の段ボールを出すことによって置き場が一杯になってしまうこともあります。近所の人の事を考えればこのようなゴミの出し方はマナー違反です。段ボールの処分方法

この引越しに使った段ボールは業者で引き取ってくれるところもあります。ただこの段ボールの回収も各業者によって対応が違います。段ボールや梱包資材を無料で回収してくれる引越し業者もあれば、有料としている業者もあります

無料で回収してくれる業者であっても一回目は無料で、2回目以降は有料としていたり、一定期間内だけ無料で引き取ってくれるという業者もあります。引越しが終わった後にすぐに荷解きをすれば良いのですが、新生活を始めるにあたり、色々忙しく思ったように荷解きができないこともあるでしょう。無料期間が過ぎてから回収依頼を出して、結局無駄なお金を支払うことになってしまうこともあります。

地域によっては 大量の段ボールでも引き取ってくれるところもありますが、自分で持っていく必要があり、やはり手間がかかります。手間や処分費用を抑えるためにも、引越し業者が段ボールに対してどのようなサービスを提供しているのかをよく確認して選ぶ必要があるでしょう。

ほとんどの業者が段ボールは無料で提供してくれます。荷造りをする際に必要なガムテープも無料で提供してくれる業者もあります。しかし段ボールが有料となっている業者も少なくありません。

無料で段ボールを提供また無料で段ボールを提供してくれるところでも、好きなだけ段ボールがもらえるというわけではありません。無料で提供する段ボールの量にも上限があり、多くの業者が最大50枚までとなっています。ほとんどの業者が最大50枚としているのですが、少ないところでは最大30枚程度、多いところとなると70枚を上限としているところもあり、業者によって無料で提供する段ボールの枚数には大きな差があることがわかります。

単身者であれば30枚もあれば十分という人もいるでしょう。しかし家族の人数が多い場合では50枚では足りないケースもあります。家族の人数が多い場合には、やはり無料で提供してくれる段ボールの枚数が多い業者を選ぶ方が費用も手間もかかりません。

段ボールは自分で調達することもできます。ネットなどを利用して購入することも可能ですし、スーパーやコンビニ、家電量販店などでタダでもらうこともできます。

とはいっても、引っ越しが決まれば荷造りや様々な手続きによって何かと忙しく、自分で段ボールを調達するのは面倒と感じることもあります。この手間を省き、少しでも引っ越し費用を抑えるためにも、やはり引越し業者の段ボールを提供してくれる枚数はしっかりと確認しておく必要があるでしょう。


参考サイト・・・格安の引っ越しサービス『ファミリー引越センター』

引越しの際に気になるのが引越しにかかる費用です。多くの人がこの費用を抑えたいと、少しでも料金の安い引越し業者を選んだりするのですが、この引越し業者選びでは料金だけでなく、業者がどのようなサービスを提供しているのかもよく確認することが大切です。引越し業者がどのようなサービスを提供しているかによって、引越しの料金にも大きな影響を与えることになります。段ボールのサービス

この引越し業者が提供しているサービスで見落としがちなのが段ボールです。荷造りをする際にはこの段ボールはとても重要なアイテムとなります。単身者の引越しであればそれほど段ボールも必要ないことから、段ボールに対してあまり気にしていないかもしれません。

しかし家族での引越しとなるとこの段ボールも大量に必要となります。その大量の段ボールを自分で購入するとなると費用が気になる人もいるでしょう。ただ荷物を詰めるための段ボールにお金などをかけたくないと思う人がほとんどではないでしょうか。

引越し業者を利用する際には、段ボールは無料でどこでも提供してくれると思ってる人もいるかもしれません。しかし段ボールの提供は各引越し業者によって違いがあり、無料で提供しているところもあれば、有料となってるところもあります。家族で引越しする際には、この段ボールが無料か有料であるかによって引越しの際の負担も大きく違ってくるでしょう。

ここではこの段ボールのサービスについて紹介します。段ボールはどこの引越し業者でも無料で提供してくれると思っていた人、少しでも引越し費用抑えたいと考えている人はぜひ参考にしてください。